−本革専門フルオーダーメイドが出来るお店−
革ノ花宗

 TOP

 革ノ花宗とは

 こだわり

 オーダーメイド

 定番商品

 ショッピング

 買い物について

 問い合わせ

 ギャラリー

 イベント情報

 ブログ

 リンク




革ノ花宗
かわのはなむね

〒830-0047
福岡県久留米市津福本町
1649-4 みなとビル103
tel/fax 0942-55-9363
mobile 090-8915-8650
http://hanamune.net
info@hanamune.net
OPEN/11:00〜19:00
月・火・水・金・土・第2.4日曜
CLOSE/木・奇数の日曜(第1.3.5)・
祝日

革ノ花宗バナー
<バナー>

pelleペレ一点もののレザーグッズたち
革ノ花宗オンラインストア
『pelle(ペレ)』

 こだわり−
 −エイジング−    革を育てるということ

 「かわ」という字には「皮」と「革」があります。
この違いを知ると、より革製品の魅力がわかるはず。


 皮にある加工を施すと、防腐性、耐熱性、伸縮性など、革としての特性が備わることになる。
この「ある加工」というのが、「鞣し(なめし)」といい、植物のタンニン(渋)を使う伝統的ななめし法をタンニンなめしと
いう(化学薬品を一切使わないものを特にベジタブルタンニンと呼び、近年ではエコレザーとして注目も浴びてい
る)。
タンニンなめしによって出来た革は、堅牢でナチュラルな風合いであるうえ、エイジング(経年変化)で表情が著しく
変化するという特徴もある。

 これがヌメ革である。


 革は使い込むほどに手に馴染み、深い味わいが出てくる。

 特にヌメ革(タンニン革)は、使い込むことで出てくる味やツヤが魅力の革で、きちんとメンテナンスをしていけば、
持ち主の付けた傷であってもひとつの歴史として刻み込まれ、この世にたったひとつしかない、かけがえのないもの
となることでしょう。


経年変化
<革を育てるということ>

 −タンニン革−

 革はなめし方により、2つに分けられる。(※皮から革にすることをなめすという)


 ひとつは、クロム塩酸によりなめされたクロム革。特徴としては、薄くて軽く耐光性があり、色柄が豊富。

 もうひとつが、天然のタンニン樹液でなめされたタンニン革(ヌメ革ともいう)。厚く堅牢で、使うほどに馴染み飴
色に変化する。


 例えば 同じカタチ、同じ色であったモノでも持ち主の使い方によって1年後、数年後にはオリジナルなモノに変化
する 飽きのこないところがタンニン革の魅力で、当工房では ほとんどの商品に採用している。



タンニン革には、文字や模様を入れたり、色も入れることが出来る。


[ウェルカムボード製作風景]


 革の体験教室に参加したい方はコチラへどうぞ。※現在体験教室は休止中です。


 手縫い仕立て−    一針一針に想いを込めて

 手縫い仕立ては、糸を作ることから始まる。
シニュー糸という細い繊維が束になっている糸を好みの太さに裂いて使う。
一つの商品でも箇所によって太さを微調節してシニュー糸を裂き、それを撚り直して布でしごくことにより摩擦熱でロ
ウを糸の内部までしみ込ませる。
この作業により、糸の毛羽立ちが減り、糸の強度も増し、革を縫い合わせるのに最適となる。

シニュー糸 <シニュー糸>


 次に、菱目打ちで革に穴を開け、革手縫い用針で表が手縫い特有の風合いある縫い目になるように法則に従い
一針一針 縫い上げていく。

手縫いし立て <上が手縫いの表面。下が裏面。>



 機械ではあっという間にできる工程を、想いを込めて一品一品丁寧に仕上げることで、当工房の魅力ある商品が
作り上げられている。

 手縫いは、手作りの温か味を伝えるとともに、長く使っていただく為の大切なこだわりである。

  
[小銭入れ製作風景]

 −ミシン仕立てと手縫い仕立ての違い−



ミシン仕立ては、上糸と下糸が別々の糸の為、どちらかの糸が切れると、次第に縫った糸全体がほどけてくる。




手縫い仕立ては、1本の糸を2本の針で縫う為、上糸と下糸で交互に入れ替わり、ミシン仕立てよりも強い力で引っ
張りながら縫うので、糸がほどけにくく、糸自体も太く強靭な為、耐久性がある。


革の性質によってミシン仕立てが適している場合もあるので、革ノ花宗ではどちらの仕立て方も習得し、商品作りの
幅を広げている。




GALLERY01  GALLERY02  GALLERY03  GALLERY04  GALLERY05
  GALLERY06



トップページ  革ノ花宗とは  こだわり  オーダーメイド  定番商品  ショッピング  買い物について
問い合わせ  ギャラリー  イベント情報  ブログ  リンク


Copyright (C) 2007-2017 hanamune.net. All rights reserved